忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/12/16(Sat) 14:30:07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大岩オスカール
2008/06/28(Sat) 21:28:43
my spaceではコメントが書けないという嬉しい声を頂いたので、
やはりこっちで書いていく事にしました。

久しぶりにninjablog編集画面に来ているわけだけれど、
不思議なもので書いていてもしっくりくる。

紙を選ぶようなものなのかも知れない。

dog.gif










久しぶりに時間があったので、鎌倉にでも行こうと思ったのだけれど、
ことごとく友人と都合が合わず、一人近場の現代美術館へ行く事にした。

大岩オスカールという人の名前は、ブラジル現代芸術の本を読んだ時に見かけていたが、
作品の事は覚えていなかった。

土曜の昼ということで、普段はガラガラの現代美術館もそこそこ人がいる。
客層はなぜか2人組みのおばちゃん(微マダム)が中心。
その他は、デート組みと美大生といったところか。

20代後半~40代の男は必ずといっていいほど、一人で来ている。
そんな男に限って熱心に作品の前でジッとしている。
昔は、そんなオッサン達をみて、何者なのかと不思議に思っていたのだけれど、
自分自身、そんなおっさん達となんら変わらないことに気がつく。
きっとおっさん達も暇で来ているだけの話だ。

当日券を買おうと受付に並んでいると、横から「すみません」と声がかかる。

そちらを振り向くと”昔はかなりモテたのよ”と言わんばかりの30代女性誌の表紙を飾るモデルのようなスタイルの女性がいる。

イヤホンをしていたこともあり、人違いか聞き違いだとおもい正面を向き返す。

「すみません、これからチケット買いますか?」

今度は顔を覗かせてきた。あきらかに私に言っている。

「これあげます。」

と差し出してきたのは、大岩オスカールの前売り券である。

突然の事に、
「あっ・・・どうも」と曖昧な答えをしている間に、その女性は出口のほうへ行ってしまう。

なぜか不機嫌な顔をしていた女性から、チケットをもらい、得した気分で展示会場へ向かう。

きっとさっきの女は、彼氏か愛人かなんかにすっぽかされた違いない。

iraq.jpg














目的がなく、作品を観に行くというもの、気持ちの持ちようが難しい。

リアリティだったり、ユーモアだったり、作者によって伝えたいものだ違っている。

大雑把に言えば、爆笑しながら観る作品もあれば、眉間にしわ寄せして観る作品もあるということを言いたいのだが、もちろん作品の前でそんなことは無意味だということもわかる。(もはや社会的芸術鑑賞というヤツである。)

なんともいえない気持ちで、展示室へはいると、街、都市、動物、花など日常に溢れる景色がぼんやりを飾られている。

ぼんやりという表現がぴったりである。

red.jpg









写真のような作品ではあるのだけれど、どこかぼんやりしている。
さらに、そこに想像物が氾濫していたりする。

上の絵のように、都市の上空に花がまっていたり、その他の絵では、カラスや犬が影となり、町に馴染んでいたりと、普段観ることのできる景色が合い重なって、異様な空気感が出ている。

”夢のような”といってしまえば、それっきりである。

eclipse2.jpg














ぼんやりしながら、1枚1枚観ていると、あっという間に最後の展示室。

気の持ちようが大きく変化するでもなく、
変な街を散歩しているような感覚のままに出口へ向かう。



帰りに写真が撮りたくなって、木場公園をフラフラしながら適当に何枚が撮った。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
戻ってきたのね。笑
都合があわんくてすまんねー
曲がまとまってきたので、マイスペ夏以降にはなんとかいけそうです。(予定)
axion 2008/06/29(Sun)10:48:56 編集
無題
戻りました笑

夏ライブは不思議な事になりそうね。
まさか打ち込みから離れるとはね。
akarma 2008/06/29(Sun)22:53:47 編集
無題
ああ、こちらのほうがしっくりします。
戻ってきてくれてありがとうございます。

オスカール展は、僕も見ました。
地面から垂直の虹が出ているやつと、都市を覆う花だか花粉だか胞子だかが無数に浮遊しているやつがすごいと思いました。

このイメージはウルトラQですね。
特にマンモスフラワーが出てくるやつにそっくりです。

それにしてもチケットを妙齢の女性(不機嫌なのが残念です)からもらえるというのは、得がたい経験ですねー。
うらやまし。。。

tra 2008/06/30(Mon)13:13:14 編集
>traさん
ほんと不思議なモンでしっくりきます笑

スケッチの段階での展示があって、すごく興味深かったです。

ラフスケッチなんだけれど、
アイディア(ユーモア)が詰まっていて。

都市に漂う花のイメージは、
あれは吸い込まれましたよ笑

実はウルトラQみてないんです。
※ウルトラマンシリーズはなにも・・・。
おこられそうですね。
シュルレアリスムのソレをみてみないととは思ってるんですが・・・。



なぜか、知らない人に道を聞かれる事がおそらく人より多いんです。
フラフラしているからでしょうね。
akarma 2008/06/30(Mon)18:53:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
鎌倉   HOME   ご連絡
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com