忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/06/24(Sat) 05:46:17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南瓜のニーチェ
2006/11/19(Sun) 22:59:36

無目的に無計画に自然とどこかに行きたくなる衝動がある。それはきっと知らないものに触れたいというだけのことだとおもう。

週末に栃木観光などしてみる。友人3人とそのうち1人の嫁と自分と計5人での小旅行である。

金曜の夜に仕事を終えたその足で新幹線に乗り友人夫婦が待つ宇都宮へ。金曜夜の内に宇都宮で集合し、朝方出かける計画でいた。

予感はしていたのだが、全員がうまく集まるわけはなかった。自分は最後に到着するであろうと考えていたくらいだったのだが、東京の友人からは週末の会社飲み会から脱することができずという連絡が入り、岩手から来た友人に関しては「大宮に着いた」などと彼の生き方を裏切らない答えが返ってくる始末。(待ち合わせは宇都宮である)

駅で待っていても仕方がないので、宇都宮在住友人夫婦の家(嫁の家)に先にお邪魔することに。

インテリア関連の仕事をしているから・・・とかではなく、もともとのセンスからくるものだろうが、友人嫁の部屋はディティールの面白いものが選定されていていた。生活の一部として使用されている様子がうかがえることから、執着ではなく、選定であることがわかった。

案内された部屋のすぐ横に隣接するキッチンからカーテンレール越しに友人夫婦の会話が低音だけ聞こえて来る。自分は案内された居間のようなところの椅子を借りて座っていた。

2人の生活を勝手に想像しながら、自分がニヤついていたのはきっと新幹線で飲んだビールが効いていたこともあったのだろう。

そうこうしている間に、大宮へ行ってしまい携帯電話すら通じない友人から電話がある。(しかも公衆電話である)。

「宇都宮に着いた」

彼は多くを語らない人種である。 25時半。終電で大宮から宇都宮まで電車できたのである。迷惑な話だ。

駅まで向かえに行くもそこそこ広い宇都宮駅。夜中でひとが少ないといってもなかなか見つかるものではない。(この時点でまだ彼の携帯は充電切れである)警察からは不信がられ、ひとりベンチに座る女性からは警戒され、キャバクラの客引きからも声がかからない。田舎にくると夜中の駅というだけで、「怪しい」というレッテルを貼られているような気持ちになる。

「交番が見える」と電話越しに言っていたので交番の前に行くもかれは見当たらない。すこしうろついていると、なぜか自分がやってきた方向から彼が歩いてくるのがみえる。無事にあえたのだけれど、道も分からず適当に歩いてしまう彼も冒険心?もすごい。(しかも待ち合わせ中に)

友人嫁宅に戻り、すこし酒を頂き眠る。

早朝。

電話越しにレンタカーを予約する友人の声で目が冷める。もちろんまだどこに向かうか決めたわけではない。運良く外は晴れていた。東京の友人も朝型宇都宮へ到着し、さっそくレンタカーを借りてとりあえず那須に向かう。

高速に乗りインターチェンジで運転を交代してもらい、久しぶりの運転。高速はハンドル操作がないのであまり面白くない・・・などと思っていると車内が静かになっていることに気がつく。

運転暦の浅い自分の運転を皆信用していないのである。緊張のあまりだんまり。男友人2人はともかく、友人夫婦は事故に遭わす訳にはいかない。

 

那須まではすぐに到着。とりあえずうまいものでも喰わないと動く気もおきないという理由から飯屋を探す。

旅先というのは蕎麦屋がやけに目立つものである。那須はとくに名物の食べ物もないらしく(あるのだろうが目立ったものではない)、気持ちが蕎麦に傾くもイタリアンへ。蕎麦蕎麦と繰りかえされる看板のなか、ピザパスタの看板は皆の気持ちを捉えた。ジョイア・ミーアという手作りイタリアンのお店。

ピザ生地の匂いとトマトソースかなんかの匂いが食欲をそそる。

b4cf2093.jpg

 

 

 

 

 

 

←友人夫婦とジョイア・ミーア。

店の中に入ると昼時ということもあってか、かなり込んでいる。観光客の中に常連であろう小母様が一人パスタを食べていたりすることから、きっとおいしいものを出すのだろうということが想像できる。

岩手から来た友人が「南瓜のニョッキ」を注文している。ニョッキという食べ物はきいたときがあったが、どんなものかは知らなかった。自分はピザを。他3人はそれぞれパスタを。

数分後はじめに彼のニョッキが届く。誰かが「何それ?」というと彼は「南瓜のニーチェ」と言ってしまう。

「南瓜のドイツ哲学者」である。

自分はニヒリストでありたいとおもう。虚無主義。もちろんすべてを無価値と定義づけた上で仮象を生み出さなければいけないという懸命さを持ち合わせなければいけない。すべては無意味を決めた上でその上を流れることほど楽なこともない、それもニヒリズムの在り方だが、あまりにつまらないと感じる。発狂するまでニヒルであることがどれだけ有意義なことか。

ピザが届く。

b09e06ce.jpg

 

 

 

 

 

 

 

オニオンオイルなるものをかけて食らうと生地がとてもうまい。ワインでも頂きたいが夜まで我慢しようと。なんせこれから滝をみるのだから。

腹ごしらえをして、近くのアジアン・オールドバザールへ。

別にここまできて行くところではないのは判っていたが、外見がなんとも怪しいのでそそられるのである。

3b5a73fb.jpg

 

 

 

 

 

 

←駐車場の親父と友人4人。

なかはなんてことのないアジア雑貨屋という印象だったが、気にかかる置物を購入。

4fcb7a7c.jpg

 

 

 

 

 

←男が女を抱え込む模様を彫ったもの。女の手は自らの膝を抱え込んでいる。

 

見た途端に愛を感じさせられる置物。お気に入りとして部屋のどこかにかざられることになる。

そんなこんなで一路、竜化の滝へ。

8e5d36a8.jpg

 

 

 

 

 

 

←終わりかけの紅葉。

034b2785.jpg

 

 

 

 

 

 

←滝へ向かう道のり。

a2e74e53.jpg

 

 

 

 

 

 

←竜化の滝。

やはり見上げると圧巻してしまうのが滝の存在である。

鋭角の岩肌がなおさら水の勢いを感じさせる。

ここまで来るのに15分くらいだろうか、日中も肌寒い気候だったが、すこし身体があつくなる。

そろそろ温泉だ。

鬼怒川がちかいにも関わらず、はじめ秘境のような温泉地を目指し暗闇の山中を走り回り到着はしたのだが、なんともいえない外見にテンションもあがらず、鬼怒川へ向かうことに。

夜の鬼怒川の温泉地は「千と千尋の神隠し」の一場面のような場所であった。その温泉地から少し離れた日帰り温泉に行く。人が居らず貸切で夜の露天風呂である。風流なはずの露天風呂もさまざまな理由により、ダーティな気持ちに・・・・。(この辺は省略します)

こころが晴れないまま帰宅することに。

帰りに皆で焼肉屋さんに行って一杯引っ掛け。自分は疲れていたのか早々に寝てしまった。

今後は少しは計画的に旅行しないといけない。体力がなくなっていることを忘れていたわけだ。

次のどこへ行こうか。

 

 

 

 

 

 ニーチェの好きな言葉を。

怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。by ニーチェ

 

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
週末は宇都宮まで来てくれてありがとう。
布団が足りなくて寒い思いをさせてしまったのではないかと・・・(スマヌ)
 来年位にある海外出張から戻ったら引っ越そうと思っているので、そのときはまた来てくれるとうれしいです。
 またどこかに行きましょう。
しかし、A氏の予期せぬ発言には毎回やられます。
狙って言ってないのがほんとにスゴイ。笑
Axion 2006/11/20(Mon)21:21:21 編集
無題
あなた達は来年海外出張から帰ってきたら東京に引っ越すことになるのです。

こちらこそお邪魔しました。寒いのは冬のせいです。

今度は船にでも乗って海つりなどしてみたいなと思ったのだけれど。酔うか・・。

ルンルンにもお邪魔しましたと伝えてください。

お幸せに。
akarma 2006/11/20(Mon)21:42:03 編集
ニョッキ
先日は寒い中遠くまで来ていただいてありがとうございました〜。 ほんと風邪をひいていないか心配です...。 旅行楽しかったですね〜 皆さんの楽しい会話でお腹いっぱいです。 またどこか行きたいですね。 東京に引越すこと確定なのがウケました笑
�RUBA 2006/11/21(Tue)19:17:32 編集
無題
口RUBAさん。
こちらこそ新婚同然の家庭内を崩壊しにいったような形になって申し訳ないです・・・。(すべて木村のせいです)

今後も旦那ともどもをよろしくお願いします(setのようなものなので)。
やばい場所をみつけて皆で遊びに行きましょう。

それとなにか創作したら旦那づてにでもご連絡ください。



akarma 2006/11/21(Tue)21:10:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com