忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/11/20(Mon) 06:17:14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

colum 1 : windows vista
2006/11/16(Thu) 23:34:48

今月の中旬にinternet explorer7が発表されブラウザの切り替えをおこなった人も多いと思います。実際早急にでも乗り換えたほうが懸命でしょう。

microsoftはwindows vistaの発表に伴い、「あなたの日々の生活はpc上のfileと結びついている」と発言しています。

大方pcを使用している人でしたら、この発言を否定できないのが現状のはずです。

my spaceの日本語bata版の公開や、second lifeの日本語版もまもなく公開されることもあり日本でもfileと結びつくどころか、身体自体がマウスやキーボード、ウインドウを制御するための道具になる人も増殖することでしょう。(second life上にはすでに会社や店舗、広告が存在し、クレジットで買えてしまいます。店舗の1号店をsecond life上に作りそこで得た資金と顧客をもとに実際(ここでいう実際は形として触れられるものという定義づけ)に店舗展開を始めたアパレル企業もあります。近日中に日本参入とのことです。)

second lifeはもともと3年前くらいにできたオンラインゲームの一つです。(流行った時期がありましたよね。)大手スポンサー(toyota、コカコーラ)の存在がゲームを社会化して今にいたるわけです。実際にsecond life上でメシを食っていきている人は五万をいるはずです。これは無視できないわけです。

google mapをご存知でしょうか。とても重宝する便利なサイトです。

googleがsecond lifeと提携したことでなにが起るか。

second life上で作られた(描かれた)街(店舗)がgoogle mapに載るわけです。3D化された街がgoogle map上で展開していく。google map上でsecond lifeによって製作された3Dの店舗内をみることができて買うこともできるんです。

事が進行していけば人の身体は必要なくなるでしょう。最近の脳科学者はこぞって養老孟子の「脳化」説を推し進めます。怪訝する人も多々いると思いますが、それはあなたによって進んでいることだあると認識する必要もあるでしょう。

話はwindows vistaについてでしたね。

windows vistaの利便性をあげるならば、windows aeroの存在です。

windows aeroはvistaのユーザーインターフェイスの中の一つです。(もう一つはbasicモード)

そのなかでも注目されているのが、aeroグラスウインドウ。

expwinvista_aero_img01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインドウが半透明なることで、ないが開いているか確認しながら作業が進められるわけです。

もう一つフィリップ3D機能。

expwinvista_aero_img04.gif

 

 

 

 

 

 

 

これなら必要なウインドウはすぐに見つかりますね。自分の場合もnetに接続しているだけでも10ページ以上は常に開いている状態ですし、そこにそれぞれのソフトのウィンドウなどが入るとタスクバーから探し出すのも時間がかかってしまいます。デュアルディスプレイにしていてもおなじことです。フィリップ3Dならばそのことが解決できるのではないでしょうか。

internet explorer7のRSSフィード(ツールバーのアイコンを点灯させることにより、自動的にサイト上の RSS フィードを検出します。 アイコンを 1 回クリックすると、サイトの RSS フィードをプレビューし、必要に応じてフィードに登録することができるので、コンテンツが更新されると自動で通知を受け取れます。)しかり、windows aeroしかりpc上にfileと共に生活するこれからの動きには必要不可欠な存在です。

身体の煩悩から精神を解脱するのは精神そのものではなくてテクノロジーかもしれない。このペースなら自分の寿命までにはおおきく人のあり方が変化しているかもしれないとさえ感じるできごとでした。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com