忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/12/18(Mon) 08:22:07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

占ドライバー
2007/09/08(Sat) 02:05:07

見事に台風直撃。

結構な時間の間、体感することに。

ただ雨、風が強く、日常と少し気候が違うだけなのに、
駅や、エレベーターの中では「大変ですねー」などと見知らぬ人が話かけてくる。

そして話しかけられているほうも、あまり驚かない。

不思議と、不信感や、違和感のようなものはなく自然と受け止める。

取引先の人間が台風の中、電車に乗ると、長時間電車が止まり、軽い暴動が起きたという話をしてくれた。

外の状況も確認できずに、箱の中でイライラされてもしょうがない。

電車の運行を信用していなかった私はタクシーに乗り込み、例のごとくタクシードライバーの身の上話を聞きながらぼーっとしていた。

タクシードライバーは労働時間が本来の人間的時間と大きく異なる為、離職率が激しいのだそうだ。
そのかわり50歳を過ぎてからでも雇ってくれるのだという。

その時乗ったタクシードライバーは、もともと元大手焼鳥屋のチェーンの社長さんだった。
鳥インフルエンザが流行した際に大赤字を出し、社長の座を失い、
途方に暮れた末、タクシードライバーになったそうだ。

タクシードライバーといえば、一週間前に乗った際のドライバーは元占い師だった。
あの細木数子の六星占術とおなじものだという。

深夜3時頃に乗ったのだけれど、乗って行先を告げたとたん、タクシードライバーは上機嫌になり、
話を始めた。
タクシードライバーはその日運気がとても良いのだという。
そのタクシードライバーは運気によって休憩時間を決めているのだという。

その日はうまくコースを回り結構儲かっていたらしい。
最後に乗った私のコースがちょうど会社への帰り道だったのだそうだ。

そのタクシードライバーは「私の運気がいい日に乗せたお客さんは、幸運だよ」と何度も言っていた。

タクシードライバーに生年月日をたずねられたので、素直に
「1981年10月6日ですよ。」
と答えると、即答で、
「あなたは水星人(-)です。」
と返答がきた。

気になって細木数子のサイトをみると、以下のような結果になった。

性 格 - 財運抜群、だがクールな利己主義者
 

水星人は、非常に利己的でクールな性格の持ち主です。ある意味で、人生をつねに醒めた目で見ているところがあります。それでいて、生まれつき華やかでソフトなムードをそなえていますから、男女ともに、とても強烈な個性の持ち主が多いと言えましょう。他人は他人、自分は自分と、割り切って行動しますから、他人からは、自分勝手で独善的な人間と思われやすい傾向がありますが、なんと思われようと、それを意に介さないのも水星人の大きな特徴の一つです。それは、裏を返せば、意思が強く、つねに自分を見失わないで冷静に行動するということでもあります。事実、水星人には、一時の情熱に身を任せて、自らを破滅させてしまうようなことはめったになく、怜悧(れいり)とも思えるくらい、確実に自分の人生の目的を実現していくタイプが多いのです。


恋愛・セックス - 主導権を握って「攻め」に徹する
 

他人は他人、自分は自分という水星人の生き方がもっともはっきり出るのは、異性との交際においてです。昔から水星人はセックスが好きで、たいていの場合、とても強いのです。その好きさ、強さは、一晩に一度ではあきたらず、二度も三度も求めるところにあらわれます。ただし、自分が受身になって、相手にもてあそばれるというのは水星人のもっとも好まないところですから、男女とも、ベッド上の主導権を自分が握って、相手を攻めるときにその真価を発揮することが多いでしょう。体位も、男性では、背後位など、女性を「攻める」スタイルのもの、女性では騎乗位などを好みます。また、テクニックも上手で、積極的かつ効果的に駆使します。要するに”遊び”であれば、かなりきわどいセックスでも抵抗感を持たずにできるのです。


結婚・家庭 - 家庭に恵まれぬ孤独者
 

水星人に与えられているのは、そもそも「孤独な世界」なのです。このことは、幸せとが不幸という次元の問題ではなく、そういう運気のもとにうまれたのだ、ということなのです。ですから孤独とは正反対の「安息の世界」である家庭に安らぎを求めようとしても、本質的には、それは水星人にはかなわぬ望みなのです。水星人には孤独な人が多いし、ことに晩年は、淋しい人生を送ることになりがちです。しかし、孤独な世界に生きてこそ、成功する可能性も非常に高いということです。


才能・進路・適正 - 芸能界、事業主で成功する
 

華やかさと自己中心的な面を持つ水星人には、芸能界のような職業はうってつけです。また、財運の強さは、六星中ピカ一ですから、事業家としても成功できます。女性の場合は、同じく芸能界のほか、各種デザイナー、ブティック経営、美容院経営、スタイリスト、コピーライター、さらに水商売も含めたサービス業種、PR業種が向いています。




なんだかめちゃくちゃに言いやがる。

まとめると
金には困らないが孤独で自己中でSっ気がある人・・・・こんなところだろうか。

数子が言うのだから間違いない。

占いのお話でした。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
こんばんは。

占いは面白いですよね。
なんだか、当たってないことのほうが多いような気がしますが…。

お金に困らないのはいいですね。羨ましいです。
やっぱり、人生においてお金は重要ですもんね。


2007/09/09(Sun)22:13:57 編集
無題
楓さん>

どうもー。

未来予想ではないですからね。
こうゆう人間ですよーと言われているだけで。

示唆を与えられてるとでもいうのでしょうか?

おみくじよりは気持ちがすっきりしますよ笑
お金は重要です!
akarma URL 2007/09/09(Sun)22:42:47 編集
無題
決定権を行使する責任が重くてイヤだ!って人は占いに走りがちとか聞きますね
占いの結果だろうがなんだろうが選択したのは自分には変わりないとは思うんですけど

なんでもかんでも反発するとすっきりするという困った性質の僕は
占いでとんでもない極悪人かのように言われれば
聖人君子になれる気がします
warszawa URL 2007/09/10(Mon)22:20:42 編集
無題
>warszawaさん

占いに行くとか試すとかいう行動も選択ですからね。

占いの根源がどうゆうものか調べてみないとわかりませんが、そこには大きな理由がありそうですね。
akarma URL 2007/09/11(Tue)23:55:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com