忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/05/01(Mon) 07:30:46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

lk
2010/10/23(Sat) 19:09:48
low end theoryあたりの音に近いダブステップにちょっと手を出したヤバめの音。

“BEAT DIMENSIONS”にも収録された、ブルックリン在住のPURSUIT GROOVES。




j dilla、theo parrish以降の変形型soul的な音。
一時のRAWKUSレーベルの匂いも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NIから11月発売されるtraktor kontrol s4



dj用コントローラーに手を出すことはないと思っていたが、
traktorの可能性を今以上に引き出せるこれヤバイ。

初回限定の300台出荷分で買ってしまおう。


最近はレコード屋に行ってもjazzか古いhiphopしか購入していない。
いつのまにかブート版は影を潜めたし、レコード先行カットを出すミュージシャンも少なくなった。

だからといって、
レコードとターンテーブルへの敬意は忘れずに。
自分にとってはターンテーブルは一つの楽器だ。ギターと同じである。


"デジタルでやるからにはアナログにはできない事を"
先日友人からこんなメールがきた。


音の趣味が固着していないうちは、道具の変化も必要である。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
やばっ面白そう。DJの延長線上に曲作りがあってlive+apcのエフェクト頼み的な感じよりライブ感があっていいね。仕込みがめんどくさくなってくんだろうけど。
axion 2010/10/25(Mon)00:00:36 編集
無題
よくわかんねーが、すげぇ楽しそう
akarma 2010/10/25(Mon)01:42:25 編集
non
よくわかんねーが、すげぇ楽しそう
kou 2010/10/25(Mon)01:42:25 編集
無題
>axion
仕込みはね・・・。
ライブの仕込みと曲作りの仕込みは思考回路が別だから、俺むいてない・・。

>kou
コメントありがとうございます!
貴重な読者です。

買うしかない!!
aka 2010/10/25(Mon)14:17:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
iz   HOME   tkak
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com