忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/05/27(Sat) 07:40:20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題
2009/01/09(Fri) 23:13:06

何を書こうなんてまったく定まらないうちに、タイピングをはじめる。

基本的にはいつもそうだ。

これが習慣というやつなのだろうか。
ふとした瞬間、習慣が訪れている。 別に繰り返しの日々を過ごしているわけでもない。
年始早々、その日その日で脳の使用箇所が変動しているのではないかというくらい、
多くののつまらない事を考えている。※使用している部位はおなじなのだろうけれど。

特に今年の目標に定めたわけでもなく、書物を読み終えたわけでもなく、
急に身体は脳で動くという事について異常に意識して9日目。

指令を出せば身体は動かせるのである。

まず朝起きるところから、はじまるわけだが、
長期休暇の夜型体質が抜けず、気温が低い状況下でも、脳が指令をだせば身体は動くのだ。

もちろん、このままフトンに入って後5分間・・・・、という思考もある。
同時にいくつもの思考が芽生えているようで、実はめまぐるしく思考が転換しているだけなのだ。

無意識化から意識化へカットインする”寝起き”には、なおさら思考転換が極端になってくるように思う。

別に後5分寝る事が悪いわけではない。
しかし後5分寝る事にメリットを見出せない。

それは、まるで欲求にメリットがないと言っているようでもあるけれど、
持って生まれたものだから、意味がないわけではない。

食欲にしても性欲にしても同様であることは言うまでもない。

それにしても性欲というヤツは、いつ頃から芽生えたのか。
食と睡眠は自意識のない幼児期から間違いなく存在する。※それに反していると”病気”ということになる。

自身で覚えている限りの性欲の目覚めは、保育園の頃の話。
好きだとかそうゆうことを覚える前に保育園の先生を”食べたい”と感じていたのである。
※食欲のそれとはまったく別の感覚で、いわゆる”あの子を食べたい”という俗語とも別の話、
要は性的カニバリズムのことであって、ハンニバルのそれと同意である。

その間隔は小学校低学年まで続いてしまうが、
性教育が成されるか成されないかという時期に、やけにスケベーな転校生がやってきて、
様々な事を教えてくれた。
※今現在の知識となんら変わらないといえば、その時にどれだけの事を教わったかが容易に想像つくだろう。

その転校生のおかげ?でカニバリズム的幻想は払拭されていったわけだけれども、
転校生のお父さんの転勤がなければ、カニバリストとして、生きていたかもしれない。

要するに欲求の方向性は、なんらかによって変化していくものなのである。
性欲が”食する”ということでしかなかった自分が、一般的性欲へと回帰したのは、
それが未知だったからに違いない。

運動不足を解消する為に、キントレを始め、いつしかトレーニングがやめられなくなってしまう現象や、
ホノルルマラソンを走りきった安田美沙子が走らずにはいられなくなってしまったと発言している事と同様。

欲求の方向性が3大欲求から外れていたとしても、それは欲求でしかないから、
なぜ?と問い詰めたところでろくな返答はない。
自身でいうスクラッチがそうだ。ミキサーとレコードがなくても手が動いている時がある。

誰でもそうゆうものがある。野菜を切り刻むのがやめられなかったり、
なにかを描き続ける事がやめられなかったり。

思考の変化を欲求レベルまで持ってこれるのであれば、それに越した事はない。

それには未知との遭遇が必要なのかもしれないが。

 

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
最近ブログ始めたい熱が、フツフツと。

chad 2009/01/18(Sun)00:24:38 編集
無題
chadっち

オレ、毎日観るよ笑
akarma 2009/01/18(Sun)15:08:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   HOME   無題
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com