忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/09/25(Mon) 04:16:31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Drop Time
2011/06/04(Sat) 01:35:19
待ちに待った東信の『Drop Time』が今日発売。

一旦は、南青山のJARDINS des FLEURSでしか取り扱わないようなので、早い者勝ち。



以下、コピペ

この作品は普段我々が目にする美しく飾られた花々の姿だけでなく、
その後、枯れて朽ち果てていくまでの時間の流れを、同じ視点から捉え続けた映像作品です。
さらに東は本来であれば枯れ果てて土に還り、また次の命となる花の姿を
時間の流れを逆戻りさせるかのようにあえて再生し、視覚化させました。

日々花に接し、花と向き合って生きる者だからこそ感じる、花の生き死にという「時間」。
咲くときも、朽ちるときも、命をまっとうするどの瞬間も美しい生命の力強さを
「Drop time」ー滴り落ちる時間の流れの中で感じて頂けたらと思います。

コピペ、以上



東信が花屋だったことなんて知らない頃、なんかの雑誌でみかけたイカれた植栽。



ずっと面白い事を言おうと懸命に考えけた結果、失言。
はじめて興味本位でワークショップに参加した時はそんな印象だった。
(おそらくそれでしかない)

"植物を芸術にまで昇華する"なんて、どっかのライターが書いていたが、
そんなこと意識している様子はない。

植物である事の前提さえを見失う、異常な生々しさが東信が手がけた作品の特徴というか、必然というか。

何においても作品を作る過程に接触する事はあまりない。

運がいい事に東信が作品を手がけているところには2回ほど立ち会った。
今回、映像作品として発売した事はとても重要で。

過程すら作品という事を明確にしたかったのだと思う。

だからといって作品を作る過程において、インスタレーションでもパフォーマンスをするわけでもない。

とても泥臭い、人間的な作業。
そんな方法でできるものは、今にも動き出しそうな不気味な生々しさを発するから魅力的だ。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小言   HOME   未来世紀
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com