忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/10/18(Wed) 05:22:08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kkn
2008/05/17(Sat) 23:19:56

こと休日となると日中に思考したくなくなることがある。
(ここでいう思考というのは極私的なことだけだが。)

昼間はセロトニンというヤツが、理性をコントロールしているらしい。
反対に夜の思考が暴走しがちなのは、誰でも経験することで、
その理由に、セロトニンは太陽光と強い関係性があるからという見解がある。

lsdの有効性として、セロトニンの働きを阻害するというものがある。
これは理性のコントロールを阻害するということになる。

理性をコントロールできないと、感覚、感情、記憶、時間の拡張につながる。
もちろん理性からみた拡張である。

脳内物質のバランス感というのはとても不思議なものである。
脳内の話なのに、まるで社会的バランスのように扱われている。

セロトニンの分泌量が少ないと精神活動に支障が生じるとされ、”精神病です”、”うつ病”です。
みたいなことになる。

セロトニンと太陽光の関係性と北半球、南半球の音楽に相対的な関係性があると何かで書いていた。
音楽は好きだけれど、世界各地の音楽というものには疎い。

しかし上記の関係性から見ても、ボサノヴァという音楽は特殊なのではないかと感じた。
ボサノヴァは適当に洒落たbgmとして扱われる事が、こと日本においてはほとんど。

しかし、本来あれほど暗さが見え隠れする音楽もめずらしい。

やばい、kennydope観にいかないと。

では。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
jisw   HOME   gko
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com