忍者ブログ
鈴木幸希
[PR]
2017/06/27(Tue) 03:57:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こないだnovation remote25 lefocusrite saffire leが家にやってきました。あとreason3も。

reason3とremote25leのバンドル版がお買い得なことと、せっかくのautomap対応ソフトということもありバンドル版にしたんです。(もともとpcにreason1がインストールされていて結構好きだったんです。)

sl_automap_logic.jpg

←automapはmidiのポート設定するだけで、ソフトと完全連動します。





automap機能のおかげでreasonとlive5の使い勝手がかなり良くなりました。
cubase3 (sx/slともに)、nuendoやlogic7にも対応してるのですが、どちらかというとライブよりのソフトでの使用が向いているように感じます。(ちなみにfm7、pro53、MS-20、Polysixなどなどのプリセットが入ってるので、ソフトシンセとの相性もばっちりでした。)

saffire leは、丁度note pc用のコンパクトなオーディオインターフェイスを探していた時に偶然新古品で発見したんですね。(こちらもお買い得)

別にステレオoutが1系統ついていれば問題なかったんですが、saffire leはアナログアウトが6出力ついてるんですね(一応デジタル含めれば8outということらしいです)

「これはいい!」と調子ずいて、もともとあったmackie卓にその6パラを突っ込んでやったんですが、これが尚更いいんですね。当たり前のことなんですが、音の抜き差しやセンドエフェクトが単体ごとに容易になったんですね。(reasonのミキサーとremote25slのスライダーで解決できるんですが、なんていうか結線は多いほうが好きなんですね)

一度mackie卓にoutしたもんですから、それをrecするのに我が家ではただのrecソフトと化したcubaseを別pcで立ち上げて入れてあげてます。(そうでもしないとcubaseが・・・・ね・・・)

サンレコしょぼい版のような記事になってるので 、話題を変えて・・・。

yamahaのhpになんと!!←クリック

なんてことないんですが、彼は3・23日22:00~23:30までのnhk英語でしゃべらナイトに出演するようです。
3・23日は22:00までにテレビのある家にお邪魔しないといけません。

話題を変えてもこれじゃいけませんね。

では

週末に埼玉県立近代美術館に行ってこようと思っています。

”シュルレアリスム展 ~謎をめぐる不思議な旅~”という企画展をやってるんですね。
3・25までの企画展なので今回見逃すわけにはいかないんです。

ピカビアやエルンスト、もちろんブルトンの作品が観れるんですね。その他クレーやミロ、デュシャン、マンレイなんかの作品も展示されているとようですが、やはり、ピカビア(ダダ運動から思想の違いによって脱退した人)、アルプあたりのどちらかというとダダ運動をツァラととも行っていた人物の作品に触れてきたいわけですね。

それ以外だとマグリットの”現実の感覚”なんかが展示されているようですね。

711.jpg





←”現実の感覚









デペイズマン手法といえばマグリットということになるんでしょうか。
マグリットは若い頃 ジョルジュ・デ・キリコの作品を観て、涙が止まらない程の感銘を受けてシュルレアリスムへと進んだらしいです。

”涙が止まらないほどの感銘”を(大きな視点でみた)芸術から受けたことは何度かしかありません。(もしかしたら涙腺がうんたらとかゆうだけの話かもしれませんが)
 
格闘技ならかなりあるんですけどね・・笑

なんでしょうね、何かをみて感動したりってことが必要以上に強引に感じることがありますね。
もちろん消費者が異常に求めるからなんですけど。

死に物狂いの恋愛映画や、ストリングス使えばきれいでしょ?みたいな音楽や、絵描きが出した親孝行の本や
・・・・・。



PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

涙が止まらない
……ほどの感銘を受ける作品には、なかなか出会わないですね。出会いたいですねー。それも偶然に。絵を見て目玉ウルウルさせてる中年男……端から見ると気味悪いっすね(笑)

30年ほど前にSFを表現する言葉に「センス・オブ・ワンダー」というものがあって。
要は岡本太郎の言う「なんだこれは!」と同義です。
驚異の感覚。
僕はその感覚を味わいがために生きているのかなぁ、とそんな風に思っています。

それにしてもremoteいい感じですね。
Live6と相性良さそうで。
ハードシンセやめてそちらに鞍替えしようかしらん。
tra 2007/03/23(Fri)00:00:11 編集
リンク先を見て爆笑!
良いねー、買ってるねー。(笑)

こっちもついに念願の3ターンテーブルが実現し、嬉々として自宅ブースで踊りながら練習してるよ。

たぶん3台置ける現場がこっちには無いんだけど(笑)
cobra 2007/03/23(Fri)01:08:16 編集
無題
>traさん
automapですがliveは5までしか今のとこ対応してないみたいなんです。
traさんリアクターとか好きそうなんですけどね笑

驚異の感覚ですか。
味わってみたいですね(味わっているのかもしれないけど記憶として明確ではない・・・)

シュルレアリスムってそうゆう面も持ち合わせてますよね。
aka 2007/03/23(Fri)01:16:14 編集
アーバンにクリスタルにアカデミックに
>cobra

かなりいいよ。機材よりもパラoutの恩恵が大きい気がしてるよ。
パラoutにハマりそうだね。めざせダブステーション。次はmotuか?!

そちらだと確かにブースがねぇ。
土地はあるはずなんだけどな。

そういえば3台でバトルしたdjっているのかな?規定外か。



aka 2007/03/23(Fri)01:26:21 編集
remote
reasonとのバンドルセットがreason本体と同等の価格で買えること発見してしまいました。
すごくヤバい。買ってしまいそうです(笑)
tra 2007/03/24(Sat)00:23:39 編集
無題
>traさん

お勧めしますよ。
cpuに依存する以外は、なんの問題もないです。
reasonの音源も十分なレベルですし、バンドルされてるうちがチャンスです笑
aka 2007/03/24(Sat)11:22:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com